初心者でも作れる立体マスクの作り方

ハンドメイド

こんにちは、ケイです。

世界的に大変なことになってますね。トイレットペーパーやボックスティッシュは店頭でも見かけるようになってきましたが、マスクは依然として品切れの状態が続いていますね。
そこで、今回は立体マスクの作り方をご紹介します。

今回立体マスクキットを購入してはじめて作りました。生地と型紙があれば、キットを買わなくても作れますので、作り方をご紹介します。今後、生地の色や柄など変えて作っていこうと思っています。

初心者の私でも立体マスクを作れたので、皆さんも大丈夫だと思います。
ただ、私は一度失敗して作り直しました。

作るときにコツがあったので、それについても記載しておきます。
みなさんも是非、作ってみてください。

完成した立体マスクはこちらです↓

初心者でも作れる立体マスクの作り方



今回、立体マスク作成キットを購入しましたので、キットに書いてあったレシピを参考にして作成中の写真と共にご説明していきます。

材料



・コットン(縦20cm、横25cm)x4枚
・マスクゴム(50cm)x1本
 マスクゴムは半分の25cmにカットして使います。

作り方



まず型紙ですが、下記写真のものを使用しました。サイズを写真内に記載しましたので、参考にしてください。大人用のサイズになります。子供用は、約1㎝ぐらい小さめに作るとよいと思います。

型紙

布に型紙を合わせてカットラインをつける



布を型紙に合わせて切るために、布に線を書きます。

型紙どおりに布4枚をカット



型紙どおりに布を4枚カットします。私は一度に4枚重ねてハサミでカットしました。



4枚カットします。

両サイドを縫い合わせる



両サイドを1㎝の縫い代で縫い合わせます。



ミシンを使っていますので、縫いはじめと縫い終わりは、返し縫をします。

両サイドに切り込みを入れる



両サイドに切り込みを入れます。約1.5㎝の間隔で切り込みを入れていきます。



縫ったところは切らないように注意してください。

端の4ヶ所をカットする



端の4ヶ所は、カットしておいたほうが良いです。

布が重なって縫いにくいので、カットしましょう。



縫い目どうしを合わせる



縫い目どうしを合わせます。

縫い代を割ってアイロンをあてる



縫い代を割ってアイロンをあてます。アイロンをあてると奇麗にわれます。ただ、カーブしている場所なので、アイロンがあてにくく手で持ってアイロンをかけました。



こんな感じになります。

上下の辺を縫い合わせる



次に上下の辺を縫い合わせます。その時、マスクゴムを通す通しぐち1.5㎝と返しぐち4㎝は縫わないので気を付けてください。



下の写真の黒線部分を縫います。縫い代は約1㎝です。

返しぐちから表に返す



返しぐちから表に返します。下の写真の赤枠部分です。



返しぐちに指を入れて中の生地をつまみます。



中の生地をつまんで引っ張りだします。



どんどん引っ張りだして、裏表を逆にします。



裏表逆にしたら、マスクゴムを通す部分に棒を刺して穴が開いていることを確かめます。

私は、棒を刺して確かめないで、そのまま縫ってしまったので、穴が開いてなくてマスクゴムを通せなかったです。(泣)そしてやり直したのでココは重要です。



1周ステッチをかける



1周ステッチをかけます。横は約1.5㎝、縦は約2㎜の縫い代で、縫っていきます。

マスクゴムを通して完成



マスクゴムを通したら完成です。お疲れ様でした。

まとめ



手作り立体マスクの作り方、いかがでしたでしょうか。私は今回はじめて作りました。1度失敗してやりなおしましたが、意外と簡単にできました。いくつか気を付けるポイントがありましたので、そこさえ注意してやればうまく作れるとおもいます。

みなさんも是非、作ってみてはいかがでしょうか。

現在、マスクゴムが品薄の状態になってますので、別のゴムを使って作るしかなさそうです。

はやく今のウイルス問題が終息することを願っています。
みなさん、手洗いうがいも行って、自己防衛でこの問題を乗り切りましょう。

では、今回はここまでにしたいと思います。

ここまで見て頂きありがとうございます。