ふるさと納税とは

ふるさと納税

年末に近づいてきたので、ふるさと納税を考えている方も多いんじゃないでしょうか。ただ、「ふるさと納税ってめんどくさそうだなぁ」って思いますよね。

私もふるさと納税をはじめる前は、めんどくさいと思ってました。でも、今の私の感覚だと普通の買い物と変わらないです。

あっ、返礼品をもらうことを前提に話してます。私は現在のところ返礼品があるので、ふるさと納税をやってます。。

返礼品には、お米やお肉など美味しいものが沢山あります。美味しいお肉の返礼品なんかが届いたら、ご結婚されている方なら奥さんが喜んでくれるんじゃないでしょうか。

それでは、まずふるさと納税ってどんな制度なのか、簡単にわかりやすく説明していきます。

ふるさと納税って

ふるさと納税って



ふるさと納税って聞くと、「自分のふるさとに納税するのかな?」って思いますよね。私もそう思ってました。

実は違っていて、都道府県、市区町村などの自治体へ寄附を行うことなんです。寄附をすると、税金が控除される仕組みになっています。

総務省のホームページでは次のように書いてあります。

「納税」という言葉がついているふるさと納税。
実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。
一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄付金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。ですが、ふるさと納税では原則として自己負担額の2000円を除いた全額が控除の対象となります。

総務省 ふるさと納税ポータルサイト

はい、自己負担額の2000円が必要です。
2000円は控除されないですけど、それを除いた全額が控除の対象になります。そして、自治体からのお礼の品を頂けるので、嬉しいですね。

ここで、ちょっと寄り道

実際の自治体の返礼品をちょっとだけ、紹介します。

下の画像は、一例です。楽天市場でふるさと納税のお米、お肉で検索した結果です。他にも沢山のものがあります。



こんな感じです。

ネットショッピングに慣れている方なら、見慣れた感じだと思います。利用方法も普通のネットショッピングとほとんど変わらないです。ただ、確定申告などの手続きはやってくださいね。それで税金が控除になりますので。

それでは次に、ふるさと納税って実際にどうやるのか見ていきたいと思います。やりかたは、次の二つがあります。

・確定申告
・ふるさと納税ワンストップ特例制度

この二つがあるので、これについて詳しく見ていきましょう。

確定申告

確定申告



基本的には、確定申告が必要となっています。確定申告の際、ふるさと納税で寄附した証明書が必要になるので、書類はなくさないようにしょう。また、税務署へ行けば教えて頂けるので心配ないです。

私も教えてもらいながら、記入して提出しています。その日のうちに、作成から提出まで完了します。はじめてだと不安だと思いますが、恐れることはないです。簡単です。

それでも「確定申告したくないよ」って方は、次のワンストップ特例制度を利用してください。

ふるさと納税ワンストップ特例制度

ワンストップ特例制度



簡単に処理できる、ふるさと納税ワンストップ特例制度について見ていきます。

確定申告をされないサラリーマンの方などは、 手続きが簡単なのでこの制度を利用されている方が、多いのかなと思います。
私はこちらの制度を利用したことがないので、総務省のホームページ記載の文章を引用させてもらいます。

ふるさと納税ワンストップ特例制度を申請する場合は、ふるさと納税を行う際に、特例の申請書をふるさと納税先の自治体に提出する必要があります。
ふるさと納税ワンストップ特例制度が適用される場合は、所得税からの控除は行われず、全額が翌年度分の住民税から控除されます。
ふるさと納税の流れは、ふるさと納税ワンストップ特例制度を申請するかどうかで異なります。
ふるさと納税ワンストップ特例制度の申請を行うためには、確定申告の不要な給与所得者等で、ふるさと納税先の自治体数が5団体以内である必要がありますので、あらかじめご確認ください。

総務省 ふるさと納税ポータルサイト ふるさと納税のしくみ

ふるさと納税ワンストップ特例制度を利用できるのは、確定申告の不要な給与所得者等なんですね。それから、ふるさと納税先の自治体数が5団体以内というのも注意が必要ですね。


2000円

自己負担額2000円



自己負担額2000円は必要です。
実際は、寄附した金額の2000円分は控除されない仕組みです。別途2000円を支払うわけではないです。

どんな感じに控除されるのか

税金控除



・確定申告を行った場合
 所得税と住民税で控除されます。
  所得税は、ふるさと納税を行った年の所得税から控除されます。
  住民税は、ふるさと納税を行った翌年度の住民税から控除されます。

・ふるさと納税ワンストップ特例制度を使った場合
 所得税からの控除は行わず、全額が翌年度分の住民税から控除されます。

簡単に考えると、翌年度の税金を前払いしている感じでしょうかね。

利用方法


利用方法としては、実際の店舗とネットを利用する方法があると思います。

私は、ネットを利用しています。ほんとに便利でポチポチするだけです。ついつい買いすぎる可能性があるので、限度額を超えないようにしましょう。

限度額を超えると、控除なしの寄附になっちゃいますからね(笑)

実店舗

実店舗



実際の店舗で寄附する方法です。

浅草にふるさと納税の実店舗「ふるさと納税コンシェルジュ」があるようです。私は利用したこと無いですが、ネットが不安な方、不慣れな方は、利用されると良いかもしらませんね。実店舗だと、一対一で対応してくれると思うので安心ですね。

ただこちらのお店は、「さとふる」が出している実店舗なので、さとふるの利用を勧められるのではないでしょうか。さとふるもメリットはあると思いますが、お得感にかけるところがあると個人的には思います。

ネット

ネットショッピング



こちらはネットで寄附する方法になります。
私は、いつもこちらの方法で寄附しています。

ネットでおすすめは、次の二つになります。

・ふるなび
・楽天市場

・ふるなび

Amazonをよく利用されてる方は、ふるなびが相性が良いと思います。ふるなびで、ふるさと納税をすると、Amazonギフト券が貰えます。私は昨年までネットショッピングはAmazonオンリーだったので、ふるなびを利用していました。

ふるなびのリンクを貼っておきます。

・楽天市場

楽天を利用されている方は、断然、楽天でふるさと納税された方がお得です。こちらは、楽天ポイントが貯まります。楽天のお得さについては、ここでは語りきれないので、また別の機会にしたいと思います。

楽天は、私の楽天ルームのリンクを貼っておきます。

上限額

上限額が決まっています。

上限額が決まっていますので、必ず確認してから寄附してください。ネットで、検索すると、ふるさと納税の上限シミュレーションできるサイトが多数ありますので、シミュレーションしてみてください。

私は1度、手計算しましたが結構面倒です。

まとめ

はじめよう



ここまでふるさと納税について見てきました。

次の二つの申告方法がありましたね。

・確定申告
・ふるさと納税ワンストップ特例制度

自己負担金は2000円です。

利用方法は、実店舗、ネットの二つの方法がありますが、ネットで楽天がおすすめです。

・実店舗
・ネット
  ふるなび
  楽天(おすすめです)
  など

あと、上限額がありますので、ご確認をお願いします。

いかがでした?やってみようかと思いました?なんでも最初の一歩は、面倒なんですけど、やってみると案外簡単です。

私は、昨年からふるさと納税始めましたが、なんでもっと早くからやらなかったんだろうと悔やんでます。なので、みなさんにも同じ気持ちになってほしくないです!
今年から厳しくなって、金券はダメとか、(宿泊券や、旅行券などはまだあるようです。)返礼品は3割以下にしないとダメとかになってますね。これからも厳しくなるかもしれませんので、まだはじめてない方は、早めにはじめた方が良いです。

地方の自治体の財源にもなるので、応援したい自治体があれば、自治体から選んでみても良いかもしれないですね。今、話題になってる首里城再建へのふるさと納税も良いかもしれません。みんなの力が集まれば、大きな力になります。

おまけ


私は昨年まで、ネットショッピングは、Amazonひと筋でしたが、今年から楽天に変わりつつあります。なのでふるさと納税もふるなびから、楽天に変わってます。

今年の私のふるさと納税のお礼の品は、次のものになります。

トイレットペーパー、ティッシュボックス、お米、お肉、食事券などなどです。
日用品はおすすめです。固定費の節約にもなるので、ぜひ試してみてください。

最後に、私のおすすめ楽天ですが、楽天ルームを利用すると更にお得になります。楽天ルームについては、下の記事をご覧ください。

楽天ROOMのはじめ方   インストールから商品投稿まで

2019年11月22日


ここまで読んで頂き、ありがとうございます😊